FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結局、カーテンって必要なのか?

インテリアを生業にしている身としては身も蓋も無い言い方ですが
本当にカーテンって必要か?その辺りから斬り込んでみましょう。

日本において、カーテンが普及するまでは障子やふすまが外界との遮断用として用いられてきました。
しかし、いわゆる列島改造計画の頃に、住宅公団によるアパートが建設され始めると、建物の西洋的な構造から、カーテンは必要とされ、次第に普及しました。今やほとんどの家庭で使用されるようになったわけです。

住む環境が変わったのが普及した原因の一つなんですね。だから今後、日本の住宅環境が大きく変わればカーテンがまったく使われなくなる、なんて事もありうるのです。
たとえば、昔のSF漫画みたいに窓がスクリーン式で、スイッチ一つで開閉可能、光の調整も思うがまま、なんてのが出たら、カーテンなんて一部の物好きだけが付ける物、なんて事になるかもしれないです。

まぁそれは極端にせよ、今は一口に窓周りと言ってもカーテンだけでなく、さまざまな製品が使われています。
ブラインドやロールスクリーンはかなり普及しましたがローマンシェードやプリーツスクリーンも、じわじわとシェアを伸ばしています。窓はカーテン、で終ってしまうのではなく、自分達の生活や環境に合わせて選んで行きたいですね。

ま、今回の所は『カーテンは今は必要・・・が、10年後においては定かではない』って所で閉めさせていただきます。

カーテンとローマンシェード
サンゲツ:CK7711~7719

カーテンの選び方から『さまざまなカーテンスタイル』

【登場人物(?)】
『忠正』・・・あんまり他に無い名前なので、気に入っている(出自はどうあれ)ちなみに別案は飛雄馬(ひゅうま)だったらしい・・・

『昔の漫画』・・・SFにカーテンってほとんど登場しませんよね。(スターウォーズのベイダーの部屋にカーテンがあったら興ざめだろうし)そう考えるとカーテンって案外、古臭いものなのかもしれません。実際、似たようなものはローマ時代から使われてたそうですし。

『10年後においては』・・・世間的には押井さんの映画が有名ですが私は断然、漫画派です。
スポンサーサイト
プロフィール

touyou-t

Author:touyou-t
鳥取県倉吉市でリフォーム業をやってます。現在ブログでは主にカーテンを含めた窓回り商品の施工紹介を中心に更新しています。
皆様にもお得な情報を発信して、オーダーカーテンに興味を持ってもらえるとうれしいです。

鳥取県のお店 Toyoオーダーカーテン(東洋インテリア)
(電話)0858-26-7250
(FAX)0858-26-7251
(メール)toyo-i@mirror.ocn.ne.jp

カテゴリ
最新記事
最新コメント
東洋インテリア最新情報
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。